セルコホーム 鹿児島南

お問い合わせ・資料請求 099-250-0330

メールはこちら

ブログアーカイブ

セルコホーム鹿児島南 モデルハウスのご案内

壁に取り付けた通気胴縁

2008/11/30 Update

11月28日
現場って寒いんですよね…雪うるうる雪
建設中に暖房があるわけないですし・・・DOWN
職人さんはこの環境の中で働いてるんですねはっピカッほんとにご苦労様ですパチパチ
天井に付いてる白い板は、「廻り縁」と言いますヒヨコ
廻り縁とは、壁と天井が接する部分に取り付ける細長い棒状の部材のことで、見切り材のひとつです。
壁と天井が合わさる部分に、クロスなどを美しく仕上げるために設置されていますキラキラ
こちらは外観です家
仕上げのサイディング(外壁材)を張る前の状態です。
壁に張ってある木は、以前もう一つの現場でご紹介した
通気胴縁」です
この上に外壁材を張ると、外壁材と躯体の間に木材の厚み分だけ通気層を確保することができます。
この胴縁の間を空気が行き来することで壁体内結露しずくを防ぐことができ、住まわれる方にずっと愛される家が出来上がりますうさぎ若葉